『人間と医療』8号

『人間と医療』第8 号2018年目次

巻頭言
「倫理」と「道徳」 永嶋 哲也
原著論文
1. 日本における「伝統医学」概念の齟齬をめぐる一考察 森口 眞衣
研究論文
2. リハビリテーション領域における臨床倫理に関する意識調査 大橋 妙子
・板井 孝壱郎
・米澤 ゆうこ
3. 日本産婦人科学会による
「遺伝問題のないカップルの性別選択を目的とした着床前遺伝子診断臨床適用禁止」考
児玉 正幸
4. 笑顔の蘇生 中野 桂子
調査研究論文
5. 身体疾患を有する患者の就労支援における患者及び主治医と会社及び産業医との情報共有に関する倫理的検討
-合理的配慮と安全配慮義務に関する法的・倫理的検討-
藤野 昭宏
・立石 清一郎
・森 晃爾
研究報告
6. 小児がん患者の事故傾性のサインとその対応
-医療スタッフのアンケート調査より-
都合 紗耶
その他
第8回 九州医学哲学・倫理学会 学術大会プログラム(2017年)

 

定価 1,500円(税込)

入手方法 学会事務局までご注文ください。
※ 事務局連絡先は「入会申込み」ページに明記がございます。