国内学術交流委員会

国内学術交流委員会からのお知らせ

下記の要領で国内学術交流委員会主催の公開講座が開催されます。

日本医学哲学・倫理学会 国内学術交流委員会主催 公開講座
「安楽死を選ぶ オランダ過去12ヵ月の展開」

開催日時:2018年4月21日(土)13:00~16:00

会場:東京医科大学病院敷地内 第一研究・教育棟3階 第1講堂

講師:シャボットあかね氏

講師プロフィール:
1947年東京生まれ。父アメリカ人、母日本人。国籍、アメリカとオランダ。
ワシントン大学およびピュージェットサウンド大学で修士号取得後、東京教育大学大学院で
日本文学研究。1974年よりオランダ在住で、安楽死の研究。現在、通訳、コーディネーター、
執筆業。『安楽死を選ぶーオランダ・「よき死」の探検家たち』(日本評論社、2014)、『自ら死
を選ぶ権利ーオランダ安楽死のすべて』(徳間書店)、『オランダ暮らし12か月』(平凡社)、『オ
ランダからの手紙ー私がオランダ人になったわけ』(泰流社)など、日本語の著書も多数執筆。

※事前登録不要・入場無料

ポスター

(国内学術交流委員会について)

日本全国の生命倫理関連研究グループの調査を行い,それら研究グループと連絡をとり,全国シンポジウム等の連携可能性を追求します.


委員会構成

委員長 沖永隆子
国内学術交流委員会へのご質問・お問い合わせは,メールjimukyoku@itetsu.jp 宛にお送り下さい.

●2016-2018年委員:冲永隆子、安藤泰至、大河内大博、勝山貴美子、黒須三惠、西村ユミ、村岡潔、服部俊子、丸山マサ美、皆吉淳平

●2016‐2018年委員長 冲永隆子(帝京大学)
●2014‐2016年委員長 板井孝壱郎(宮崎大学医学部)
●2012-2014年委員長 板井孝壱郎(宮崎大学医学部)
●2010-2012年委員長 板井孝壱郎(宮崎大学医学部)
●2008-2010年委員長 盛永審一郎(富山大学)
●2006-2008年委員長 森下直貴(浜松医科大学)
●2004-2006年委員長 岩倉孝明(川崎市立看護短期大学)
●2000-2002年委員長 長島隆(日本医科大学)


過去の記録